プリーズ プリーズって?〜音感教育法その2

リトミっくんのレッスン・プリーズ!プリーズの写真 こどもは音楽が大好き
からだを動かすことが大好き
そんな子供たちに、そしてママたちに
もっと音楽を楽しんでもらいたい
音楽を夢のあるものにしたい
そして、音楽を通して、豊かな心を育んでいきたい
リトミックをされる多くのお教室の先生方が
そう思われるのと同様
私もそんな思いから、
構想を創り始めたリトミっくんのリトミック
リトミックの創始者ダルクローズ氏の
リトミックの基本はふまえた上で
子供の動きをより主体としたレッスンも
できたらいいなあって。
音楽に合わせて,何かをすることももちろん大切なレッスン。
音の強弱、高低、調性、拍子などを聞き分けて動いていくことは
即時反応、リズム、ビートの習得に欠かせない。
でも、子供って時には、もっと自分が自由に動きたい
ということもあるし
一つの音楽のモチーフから、
どんどん自分の世界を広げて
音やリズムを造り出していきたいこともある
それくらい、驚くほどの発想力や想像力に
満ちあふれている時なんです。
そんな、幼児の時期だからこその能力をもっと
引き出していくリトミックを創ってみたい…
子供たちの自由な表現や閃きを大事にして、
即興ピアノ演奏を中心に、
お互いに感じ合って即興で動いたり、
音を出したり演奏したり、
表現動作をしたりする。
それにワン・ハート音感教育というなまえをつけました。
そして
ワン・ハートは、3つの科目
「プリーズプリーズ」
「リトルヒーロー」
「マジックハーモニー」
からできています。
そのひとつ
「プリーズ プリーズ」
についてお話ししますね。
プリーズ プリーズとは
「どうぞ自由に動いてね!
感じたままに弾くからね!」
と言う授業です。
奏者、先生は、
リズム・拍子などの指導の狙いを決めずに
自由に即興演奏をします。
子供達は
作為的な誘導に縛られずに、
自由に音楽にのって表現をします。
今は何拍子?…
今のは何拍目?…ということから離れて、
ただ音楽を感じて、そして楽しんで
こちらも、はじめは
今日は、「森の中にやってきたよ」などというように、
シチュエーションなどを決めて誘導しますが、
そうすると、音楽が流れるだけで
子供は自分で表現をするようになります。
慣れてくると
好きな動物になって動いてみたり、
空や海の底を探検したり
と、自由にイメージを膨らませていきます。
奏者は演奏しながら、様子を聴いて子供のたちの表現や
イメージにそって演奏をします。
子供の表現の起点は、
奏者の提示した狙いではなく、
奏者と子供の両者が感じ合うことで始まります。
お互いがリードすることで創られていくんですね。
そこから演奏と表現が次々と
展開していきます。
決められた拍子やリズムの通りに
合わせて動くのが嫌なお子さんでも、
なじんでいきやすい。
楽しく授業を受けることができますよ。
是非、体感してみてくださいね。
オフィス・リトミっくん公式ブログサイト
オフィス・リトミっくん小柳妙子フェイスブック
オフィス・リトミっくんフェイスブックページ

これまでのブログ記事まとめ

ワン・ハート音感教育法って?
体リトミっくんの本の最新情報 リトミっくんのブログまとめ 体験レッスンお申し込み リトミっくんの公開レッスン オフィス・リトミっくん公式フェイスブック 0〜1歳 1〜2歳 2〜3歳
年少 年中 年長 小学生 リトミっくんの授業の様子 小柳プロフィール 代表者あいさつ ワンハートとは? プリーズプリーズとは? マジックハーモニーとは? リトルヒーローとは? リトミっくん加盟教室一覧 リトミっくんのブログ 教室運営されている先生 イベント開催関係者の皆様 リトミっくんの派遣依頼 リトミっくんの動画 お問い合わせ 個人情報保護方針 特定商取引に関する表記 サイトマップ リンク集